Loading

BLOG

お互いに高め合える

 

エリートクラス・フィジカルクラス神戸。

 

 

 

今回は【運ぶドリブル】をテーマにトレーニングを行いました⚽️🏃‍♂️

 

局面を変えていくために相手を引きつけたり、スペースへ動かしたりと

ビルドアップの手段の1つとしてこの”運ぶドリブル”を意識していきました👍

 

 

 

 

 

みんな走り方が本当に良くなりました👏

走る基礎が出来ているので、本格的にスプリントトレーニングを開始しています💨

 

トップ陸上選手も行っているトレーニングです。

これからもっとたくさんトレーニングしていくので、走るのが速くなっていきますよ😏

 

 

 

 

 

今日は横からの撮影をしたので、身体の姿勢がよく分かります。

また、生嶋コーチのYouTubeをチェックしておいてください!

 

正しい動きの「反復練習」がとても大事。

繰り返しトレーニングする事で、みんなの秘めた才能が開花していきます💨

 

みんなは本当に素晴らしい選手です。

だからこそ、才能を開花させましょう‼️

 

 

 

 

暑くなってトレーニングの負荷もさらに高くなってきましたが、

エリートクラスの選手たちはどんな時でもトレーニングを盛り上げられます👏

 

自分たちで意識を高め合いながらも、楽しみながら切磋琢磨してきた中、

これだけ目に見えて成長を感じたことをとても誇らしく思います😊

 

 

 

 

これからさらに暑さは厳しくなってきますが、これまで以上に良いトレーニングができるように

クラス全体として高め合っていきたいと思います😁💪

 

来週(26日)はサマーキャンプのためスクールがお休みとなりますので

お間違えのないようにお気を付け下さい🙇‍♂️

 

 

 

 

 

 

ユウスケ:7.0

(視野を広げて冷静なプレーを心がけよう)

リョウヘイ:7.0

(どんどんチャレンジしていこう)

マサムネ:8.0

(素晴らしいゴールでした)

キョウゴ:-

シキ:7.0

(上手くドリブル突破できていました)

ナツ:7.0

(ディフェンスでも力をつけています)

タケル:-

ツバサ:7.0

 (ポジショニングを意識しよう)

シュウ:7.5

(自ら考えてプレーできています)

キズナ:8.0

(球際やルーズボールの対応が上手かったです)

オウスケ:7.5

(縦への仕掛けを意識できていました)

シュンスケ:8.0

(引き付ける動きができていました)

リョウマ:7.0

(運ぶドリブルが上手くできていました)

ソウシ:7.0

(コントロールを大切にしていこう)

イツキ:7.0

(選択肢をさらに多く持とう)

ショウゴ:7.5

(動きの質が高まっています)

ハルキ:7.5

(ポジショニングがとても良かったです)

コウタ:7.0

(瞬時の判断が良かったです)

ソウタ:7.0

(周りを上手く使おう)

ソウマ:7.0

(コーチングが上手くできていましたね)

シュウタロウ:7.0

(オフザボールの質が高まっています)

ルイ:7.0

(常に切り替えを意識しよう)

ナオキ:7.0

(スキルと判断を両立できるように)

 

 

 

 

 

【7月12日エリートクラス  U-9(神戸)Training Data】

走行距離:3.2km

スプリント距離:131.6m

急激なバースト:7回

消費エネルギー:383.9kcal

トップスピード:5.36m/s

 

 

【7月12日エリートクラス  U-12(神戸)Training Data】

走行距離:3.35km

スプリント距離:136.7m

急激なバースト:10回

消費エネルギー:385.4kcal

トップスピード:5.42m/s

 

 

 

 

 

サマースクール2021のU-12クラスは定員となりました🙇‍♂️

(U-9クラスは引き続き募集を行なっております!)

 

 

 

 

今回は兵庫県サッカー協会医科学委員会に所属し、

理学療法士で県2,3種のトレーナーを務める村岡泰斗氏を特別講師に招き、

選手一人ひとりのフィジカル能力を測定し、数値(点数)化を行います🏋️‍♂️✨

 

 

 

”FMS”という日本代表や世界のトップクラブでも採用されているプログラムで、

筋力、持久力、柔軟性、筋の緊張や緩みなどの細かいフィジカルパフォーマンスを評価し、

その評価点を参考に選手それぞれの強化項目を算定し、5日間でその数値を高めていきます!

 

このプログラムの特筆すべき点はCロナウドやイブラヒモビッチなど世界トップレベルの選手はもちろん、

同年代(U-12)の海外の選手たちのデータが存在し、今の自分との能力差が相対的に可視化できることです!

 

 

また、オスグッドやシーバー病などのスポーツ障害の予防や身長・体重のコントロールなどのケアにつなげる目的も含めて、

今回のサマースクールはペルージャジャパンが自信を持ってお送りするプログラムとなっております!

 

 

 

お申し込み・お問い合わせはこちら

 

 

 

 

 

 

 

ペルージャジャパン 生嶋コーチ 田畑コーチ

常に本番をイメージ

気持ちの強さ

関連記事

  1. 違った視点から

    2021.05.25
  2. アプローチを弱める

    2021.01.13
  3. UNO CONTRO UNO

    2020.01.28
  4. 今だけに捉われない。

    2021.01.27
  5. 体験してほしい!

    2020.09.17
  6. 判断力を養う脳トレ

    2020.01.23

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP