Loading

BLOG

ヴィッセル神戸U-12セレクション合格

 

Newsでもリリースの通り、アカデミーの3選手がヴィッセル神戸のセレクションに合格しました🎉

ヴィッセル神戸は去年からバルサ化が進み

技術的な面での質の向上だけでなく、育成組織は全てのカテゴリーで受講料が無料になるなど

トップチーム同様に他のチームとは違ったアプローチで関西のサッカーを引っ張ってくれています。

すごく良い取り組みだと思うし実際に優秀な選手が多く集まっている印象です。

 

そんな中、ペルージャアカデミーの選手がセレクションに挑戦しユウト、ロン、アルトの3名もの選手が合格しました👏

今回のセレクションの合格者の半数がペルージャアカデミーの選手ということになります🔴⚪️

今回のセレクションに限らずヴィッセル神戸には沢山の選手がペルージャから合格しており

U-12のメンバーのほぼ半数はペルージャのスクール、又はアカデミー出身者となります。

ペルージャジャパンの育成の質の高さを証明には十分な結果だと思います。

 

そして去年アカデミーを立ち上げて(チーム化)初めてアカデミーからの合格者を出しました。

これまでもたった8年で100名以上の選手がJ下部に合格していますが

チーム化をして毎日ペルージャが育成を管理できたことによって

今回ほど「意図的に育成できた」と手応えを持ったのは初めてでした。

 

 

ユウトは左利きでとてもサッカーセンスのある選手でした。

ペルージャが目指す常にボールを保持しながら進めるサッカーにおいて

とても有効な選手であって、その能力は日に日にベースアップしていってる実感がありました。

おそらく、アカデミーでの育成で1番成長した選手だったと思います。

昨年、セレクションに不合格だったのですが

その結果には本人もスタッフも誰もが納得していませんでした。

そしてこの1年、基礎を徹底的に磨いて

それに加え判断やスキルの使い方、メンタル面での成長、、、

圧倒的な力をつけて迎えた2度目のセレクション。

直接セレクションを見てませんが

今回は全く問題なくパスできるという確信がありました。

 

 

ロンは誰よりも熱い気持ちを持っていて

常に真面目な姿勢でトレーニングに向き合ってくれていました。

ロンが手を抜いてトレーニングしていたことはないし

彼の真っ直ぐな気持ちからは我々スタッフも学ぶべきものがありました。

そんな頑張っている選手が出した結果にスタッフ全員が喜びました。

1年前はインサイドキックも蹴れなかったロンが

Jリーグのチームに入るまで成長したことに感動しました。

まだまだ伸び代のある選手だし

ここからがロンにとって本当の勝負なので

サッカーを楽しむ気持ちを忘れずに頑張ってほしいと思います。

 

 

アルトは身体能力に優れた選手で

キーパーとして加入しましたが、キーパーとしてのトレーニングは行わず

ペルージャでは主にフィールドでのトレーニングを受けていました。

ペルージャではキーパーという概念は持っておらず

1番後ろにポジションをとるディフェンスという認識なので

キーパーであってもとにかくポゼッション能力が必要になってきます。

初めは何度もアルトのところでエラーが起こり

それによる失点は沢山ありましたが

アルトはよく我慢して繋ぐことをやめませんでした。

そしてトレーニングを繰り返しボールをさばけるようになって

キーパーでありながら高いポゼッション能力を身につけました。

 

 

今回は3名の選手がヴィッセル神戸に行くことになりましたが

まだまだ可能性を持った選手がアカデミーやスクールには沢山います。

3名の選手は全国のスクール生の目標であって

これからのみんなが3人の活躍を見ているので

誇りを持って全力でプレーしてほしいと思います!

そして、ペルージャジャパンはいつまでも3人のことを応援しています😄👍

 

 

 

 

 

 

ペルージャジャパン

河井コーチ

残り3ヶ月

みんな揃って!

関連記事

  1. その技術は一生もの

    2020.10.16
  2. 局面を打開する方法の1つ

    2021.02.15
  3. シンプルだからこそ難易度の高い

    2020.01.22
  4. シュートで終わりじゃない

    2021.03.25
  5. 瞬時の判断が求められるペナルティー内

    2020.09.08
  6. どこに止めるのかを瞬時に判断

    2020.09.10

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP