Loading

BLOG

ボールの動きを目で追いながら

 

エリートクラス(横浜)

 

 

今日のエリートクラス(横浜)のテーマは【サッカーIQを高める】でした。

状況を瞬時に把握し、どこにどんなパスを出すかを判断することは非常に大切です。

 

 

サッカーIQが高いとは

今、そういった瞬時の判断ができる選手のことを指します。

そしてこれはトレーニングによって高めることが可能です。

 

 

プロの選手が鳥籠(ボール回し)を見てほしいのですが

すごいスピードでダイレクトでポンポンボールが動いていきます。

コンマ何秒で瞬時に判断できなければ相手に寄せられてしまうシュチュエーションです。

ボールの動きを目で追いながら

頭はスペースや次に出す相手を探しています。

 

 

 

ペルージャジャパンでは技術的に優れた選手の育成はもちろんですが

サッカーIQの高い選手の育成に力を入れています。

技術と判断

両方があって初めて実践的なプレーヤーだと思うので

両方の育成を追求していきたいと思います。

 

 

ヒサシ:5.5

アリヤ:6

シュン:5.5

ムラクモ:5.5

 

 

【2月6日エリートクラス U-12(横浜)Training Data】

走行距離:2.45km

スプリント距離:20.1m

急激なバースト:6回

消費エネルギー:298.7kcal

トップスピード:5.46m/s

 

 

 

ペルージャジャパンでは春休みにスプリングスクール2020を行います!!

横浜と東京の学校のスケジュールを考慮して

関東エリアの通いやすいように日程が変わりました(^○^)

 

テーマ:『逆足の精度を上げる』

今回のスプリングスクールでは利き足とは逆の足しか使いません。

柔軟なジュニア年代(ゴールデンエイジ)のうちしかできないトレーニングの1つに

逆足の技術向上があげられます。

逆足が使えるということは例えるなら英語が話せるようなもので

それができるだけで可能性は2倍にも3倍にも膨れ上がります。

ただ、逆足でのトレーニングだけでなく

逆足に神経をいかに刺激するかまで

日常生活から変化させていく方法を教えます!

是非沢山の選手のお申込みをお待ちしております(^-^)

お申込みページはこちらから!

 

 

 

 

 

 

ペルージャジャパン

河井コーチ

どんな相手でも負けたくない!

絶対に真似できないという自信があるから

関連記事

  1. 局面を打開する方法の1つ

    2021.02.15
  2. 短い時間でもいい

    2020.03.18
  3. 修正する力

    2021.02.23
  4. 対人で使えるように

    2020.08.21
  5. 自分自身に負けないこと

    2021.08.03
  6. 感覚を高めるのに才能は関係ない

    2020.07.31

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP