Loading

BLOG

個性を最大限に引き伸ばす

 

U-15ジュニアユース

 

 

 

今回の技術トレーニングは判断を伴ったパス&コントロールの精度と、

フィジカルの要素も高めていきました。

 

5月からはこれまで高めてきた基礎のディテールをより細かく追求しながら、

高いレベルで技術を発揮できるようにアプローチしています。

 

 

 

チームトレーニングでは、みんなで同じメニューをこなしますが、

トラップの質、キックのフォーム、利き足、フィジカルレベルなど、選手個人によってその差は様々なので、

その選手の個性がより発揮しやすいフォームやプレーゾーンなども意識しています。

 

 

 

例えば5月から取り組んでいるポゼッションや周辺視野での判断→実行のプレーだと、

ヒロトやツバサは身体の開きが苦手な分、そこに意識を向けること、

半身になってボールを受けるクセをつけるなどでプレーが改善できるはずです。

 

逆にオウスケはスキャニング能力が高い分、認知の部分は首を振るだけで完結できます。

ミユウは基礎の能力が高いので、その分周りに意識を配ることでプレースピードを高められるはずです!

 

 

 

ジュニアユースのトレーニングは年間のカリキュラムにあるように、

今後チームとしての戦術理解ももちろん深めていきますが、

今はみんなで同じトレーニングを行うだけでは完結しません!

 

 

 

それぞれの個性や特徴を、自分自身でしっかりと理解し、

その可能性を最大限に引き伸ばせるように、トレーニングをカスタマイズしていきます!

 

ここまで選手たち自身も自ら考え修正し、

トレーニングや行動を計画的にデザインできる力がしっかりと備わってきていると感じています!

 

 

 

 

 

 

 

ペルージャジャパンでは、6/23(日)に【サッカー選手のための栄養講習】を開催致します🍽🥛

年5回の栄養講習の第2回目となる今回のテーマは、『5大栄養素』について✨

 

スポーツ管理栄養士の上萩先生より、

サッカー選手や育成年代に必要な生活習慣、成長期に必要不可欠な栄養補給の方法などを学びながら、

保護者の方や選手たちの悩みやご質問からもカウンセリングを行います👂📝

 

オンラインにて気軽にご参加できますので、

是非身体づくりやふだんの食事からアスリートへの習慣を身につけていきましょう!

 

スクール生も一般生も皆様のご参加お待ちしております😊

↓↓↓

 

お申し込み・詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

ペルージャジャパン 田畑コーチ

スクールで大切にしていること

イメージの共有とその方法

関連記事

  1. ユーモアを加えながら

    2020.10.22
  2. ギリギリで

    2022.11.01
  3. 力技なしで技術で勝負した結果、、、

    2020.07.07
  4. 受け方の基本

    2020.10.13
  5. モチベーション

    2020.09.08
  6. 全ての準備

    2020.04.07

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP