Loading

BLOG

3つの要素が含まれるトレーニング

 

エリートクラス(東京)

 

 

今日のエリートクラス(東京)は【距離感】をテーマにトレーニングを行いました。

主にポジショニングのトレーニングです。

相手、味方との距離感を常に意識し

尚且つ次のプレービジョンを持った上で

適切なポジショニングを取ることを伝えました。

 

 

エリートクラスの選手達は非常に感覚が良く

今日もポイントをすぐに捉えてトレーニングができていました。

それでもまだボールホルダーに意識がいき過ぎて

相手が見れていない場面もあるので

特に深い位置にポジションを取る時に注意して

できるだけ見えるものが多いポジションを取るようにしましょう!

 

 

技術、体力、判断力

それら全てを統合的にトレーニングすることが多いエリートクラス。

ペルージャジャパンでは何かを分離してトレーニングするのではなく

上記の3つの要素が1つのトレーニングにバランス良く含まれるものを質の高いトレーニングだと考えいます。

できるだけ実践に近い、起こり得るシュチュエーションを作ることが大事です。

 

 

ただ、分離することを否定するわけではありません。

実際にアカデミー(チーム)では分離したトレーニングを行い

一定の成果を出しました。

何かのスキルにフォーカスする場合はコーチがそれがどんな場面で必要になるのかを選手にイメージさせることが重要になってきます。

もし、選手達がイメージができれば分離するトレーニングもありです。

 

 

カンジュ:5.5

ショーン:5

マナト:6

ユイト:5.5

ムラクモ:6

ユウマ:5.5

Iケント:-

Kケント:6

ケイト:-

アリヤ:5.5

レナ:6

トウマ:6.5

タイガ:6.5

エイト:7

 

 

【1月15日エリートクラス U-10(東京)Training Data】

走行距離:3.05km

スプリント距離:10.27m

急激なバースト:4回

消費エネルギー:367kcal

トップスピード:5.15m/s

 

【1月15日エリートクラス U-12(東京)Training Data】

走行距離:3.88km

スプリント距離:46.27m

急激なバースト:8回

消費エネルギー:482.5kcal

トップスピード:6.72m/s

 

 

 

 

 

 

ペルージャジャパン

河井コーチ

顔つき

「楽しい!」から学ぶ

関連記事

  1. サッカーの醍醐味

    2020.11.25
  2. 身体の軸とおへそ

    2022.05.12
  3. 周りは関係ない、自分の個性を伸ばす場所!

    2021.03.10
  4. 質を高める

    2021.02.11
  5. 目の前のことに全力で

    2020.08.11
  6. 賢い身体

    2022.04.21

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP