Loading

BLOG

ポテンシャルを高める要因

 

スピードUPクラス神戸。

 

 

 

今回は【連続したターン】をテーマにトレーニングを行いました🏃‍♂️✨

どの方向にも切り返しとターンをスムーズに行えるようにトレーニングしていきましたね!

 

体力的にも負荷の強い内容でしたが、みんな最後までしっかりと走り切ることができました👏

 

 

スピード、バランス、フォームの意識、強さや体力など

連続したターンの中で、身体を思うように動かす為のトレーニングでしたが、

ハードな内容にも慣れてきて、回数や動きをこなせる選手が多くなってきました👀👍

 

 

スピードと同時に、体力的なスタミナの要素もしっかりついてきたこと、

正しい身体の使い方や無駄な動作がなくなったこともあって、強く早く長く走る力がついてきました😄👏

 

この年代の成長度は想定やデータを超えることがよくあって、

それは選手自身のポテンシャルやメンタル面が大きく影響していると思っています!

 

 

 

このトレーニングはサッカーの要素が少ない時も多く、退屈で苦しい時間も多いですが、

選手自身が「もう1回!」「あと1回!」と

意欲的な気持ちで取り組んでくれることがとても嬉しいです😊

 

これらもトレーニングに受け身になるのではなく、自分たちで考え、前向きに取り組む姿勢で、

どんどん可能性を高めて行って欲しいと思います😁👍

 

 

 

 

ソウマ:8.0

(どんな時でもチャレンジできる気持ちが素晴らしい)

ミユウ:-

ヒロト:8.0

(動きでも考え方でも素晴らしい変化が見られます)

アリト:7.5

(重心移動も負けない気持ちも素晴らしかったです)

ナツ:7.5

(どのシーンでも素早い判断と切り替えができていました)

マサト:6.5

(楽しむ以外の気持ちをもっと出してくれれば嬉しいです)

セイタロウ:7.5

(効率を考えながら無駄のない動きができていました)

タクト:7.0

(動きを修正しながら何度もチャレンジする気持ちがありました)

エイジ:-

リョウヘイ:-

 

 

 

 

Today’s MVP

 SORA KATO : 8.0

 

動きの変化だけでなく、トレーニングの中で自分で考え

プレーをさらに良くしようとする素晴らしい姿勢が見れました😊👏

 

また、自分のことだけでなく、わからない選手に動きを教えてあげたりと、

ソラの取り組み方の変化を見れば、短期間でスピードUPやスキルアップできていることは全く驚きません👍✨

 

 

 

 

 

 

今年も春休み期間のスプリングスクールが開催されます🌸✨

①カラダがバランスよく発達しているかなど栄養状態を図る”インボディ測定”

②スポーツ管理栄養士による栄養講座

③これを基にしたフィットネストレーニング

 

を行い、選手だけでなく保護者の方々にも講習にご参加頂き、

サッカーに必要な栄養と食から、正しいボディメイクについて考える機会を作っていく2日間のプログラムです。

 

 

 

育成年代では中々カラダづくりにまで目を向けられる選手は少ないと思いますが、

アスリートと一般人の大きな差は”フィジカルパフォーマンス”によるものがほとんどです。

ここを疎かにしてしまうと、今どれだけ才能に溢れた選手でも、今後その才能が埋もれてしまうことにつながります。

 

この2日間で、家族全員が一緒に食事や栄養に対する重要性と理解を深めながら、

小学生の頃からカラダ作りに取り組むことの大切さを学ぶ機会にしてほしいと思います!

 

 

スクール生も一般生も皆様のご参加お待ちしております😊

 

 

↓↓↓

詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

ペルージャジャパン 田畑コーチ

一瞬で見抜く

パスの奥深さ

関連記事

  1. ポジショニングは武器

    2023.04.28
  2. まずは感謝

    2020.05.27
  3. 「楽しい!」から学ぶ

    2020.01.16
  4. 主張する!要求する!

    2023.07.27
  5. 個の力

    2023.04.10
  6. 3種類のファーストタッチ

    2021.01.07

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP