Loading

BLOG

意図的な育成

 

U-15ジュニアユース

 

 

 

今回は技術トレーニングを行いました。

引き続き基礎のベースアップをテーマに、中長距離や判断の中でのパス&コントロールで、

同じクオリティを保てるようにプレーしていきました!

 

 

 

中長距離のパス精度やスピードは日本人は特に弱い部分と指摘されていて、

15m未満のパススピードはJリーグの平均でも8m/s程度。

ジュニアユース世代でも、一定の距離を取るとキックの質やコントロールがブレやすい傾向があります。

 

身体の使い方や筋肉の力の伝達がうまく行えていないこともそうですが、

この距離や負荷の中での技術的なトレーニングの機会が少ないことも一つの原因だと思います。

 

 

ペルージャジャパンでは、技術トレーニングのプログラムの中で

パス成功率やパススピードの向上もデータとして組み込んでいきます!

みんなも4月までにはグラウンダーで時速7m/s以上のパスを高い確率で成功できるまで継続していきましょう💪✨

 

 

 

サッカーはとても複合的な要素が多く、一つひとつの成果が見えにくいスポーツです。

 

例えば野球は150km投げられるピッチャーはトップレベルにカテゴリされやすいし、

陸上で100mを9秒台で走れる選手も優秀な選手だと評価されますが、

サッカーはそういった記録や数値ではその選手の評価はしにくいですよね。

 

明確な数値やデータだけでその選手のレベルが測れない部分が多いのがサッカーの特性だと思います。

 

 

 

だからこそ育成においては、「漠然となんとなく上手くなった」ではなく、

「何がどうよくなったからこのパフォーマンスが上がった」と、

そのプロセスや結果をなるべく明確なものにしていき、

誰が見てもその成果を実感できるようにすることが大切だと考えています!

 

 

ペルージャジャパンでは、チームとしてもスクールとしても、

”意図的な育成”を目指して選手たちの成長をサポートしていきます!

 

 

 

 

 

 

 

毎週土曜日にジュニアユースチームのプログラムである「スポーツ科学・心理学・理学療法・栄養学・メンタルケア」

等のオンライン講義を行なっています🧠👀🖥

今ならスクール生(小学生)も無料で受講できます📝✨

・プロ選手になるために必要なことは?

・身体づくりに必要な食事や栄養は?

・スタメンに選ばれなかったとき。

・セレクションに合格するためには。

・進路はどうすればいいか。

、、、

様々な面からプロフェッショナルの講師たちによる一流の選手、人間性を目指すサポートを行います!

選手はもちろん、保護者の方にも是非参考にして頂きたい内容になっております🤲

 

これから先高いレベルでサッカーを続けていく上で、技術だけでは必ずどこかで頭打ちになるときがきます。

今のうちからサッカーについての正しい知識や教養を学びながらサッカーと向き合うようにしてほしいと思います💪✨

 

是非オンライン講義へのご参加をお待ちしております!!

 

 

 

 

 

ペルージャジャパン 田畑コーチ

いいトレーニングは

自ら考えデザインする

関連記事

  1. 距離や設定を工夫する

    2020.08.18
  2. 複合的なトレーニング

    2023.08.31
  3. メンタリティを育てる

    2023.12.15
  4. 目先ではなく

    2022.12.15
  5. ステップのスピード

    2022.11.17
  6. 難しいコンディションだからこそ

    2021.09.03

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP