Loading

BLOG

明確な指標

 

U-15ジュニアユース

 

 

 

今回はデータ測定を行いました。

前回測定できなかったYo-Yoテストとキックの2種目で

現状のパフォーマンスを数値化していきました!

 

 

 

サッカーのみならず、スポーツ、世の中のあらゆるものごとで時代は移り変わっています。

現代サッカーでも、育成においてデータは不可欠な時代です。

しっかり走れ!たくさん食べろ!気持ちが足りない!

根性論ももちろん大切ですが、それだけでは効果的な育成にはつながりません。

 

 

 

これまで測定した様々な個々のデータ管理やマネジメントは、まずは同世代の代表選手や海外クラブの選手データに

照準を合わせて、今後のトレーニングをプログラムしていきます!

 

例えば、技術よりもスピードやアジリティが低い選手だと

フィジカルトレーニングの中でスピードやアジリティを取り入れるメニューだったり、

個人レッスンや自宅で取り組むべき個人課題でのトレーニングをオーガナイズします。

 

 

 

この選手が1年後の目標にたどり着くためには何が必要かを

データや数値など”明確な指標”にすることで、その選手のための効果的な育成が実現できるのだと思います!

 

どこにどう走って、どこをどれだけ強化して、何をどのくらい食べて、、、

なんとなく頑張るのではなく、目指すべき目標に向けて毎日努力できる環境をつくり、選手たちの成長をサポートしていきます!

 

 

 

 

 

 

 

今年も春休み期間のスプリングスクールが開催されます🌸✨

 

①カラダがバランスよく発達しているかなど栄養状態を図る”インボディ測定”

②スポーツ管理栄養士による栄養講座

③これを基にしたフィットネストレーニング

 

を行い、選手だけでなく保護者の方々にも講習にご参加頂き、

サッカーに必要な栄養と食から、正しいボディメイクについて考える機会を作っていく2日間のプログラムです。

 

 

育成年代では中々カラダづくりにまで目を向けられる選手は少ないと思いますが、

アスリートと一般人の大きな差は”フィジカルパフォーマンス”によるものがほとんどです。

 

ここを疎かにしてしまうと、今どれだけ才能に溢れた選手でも、今後その才能が埋もれてしまうことにつながります。

 

この2日間で、家族全員が一緒に食事や栄養に対する重要性と理解を深めながら、

小学生の頃からカラダ作りに取り組むことの大切さを学ぶ機会にしてほしいと思います!

スクール生も一般生も皆様のご参加お待ちしております😊

 

↓↓↓

詳細はこちらから

 

 

 

 

 

ペルージャジャパン 田畑コーチ

凡事徹底

スプリングスクール2024(Day.1)

関連記事

  1. 常に動く

    2021.02.04
  2. 心を高める

    2021.09.15
  3. サッカーと神経衰弱

    2020.01.24
  4. 今できること

    2021.05.14
  5. 大事な局面で差が出る

    2020.02.04
  6. 継続して積み上げる

    2021.04.13

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP