Loading

BLOG

いいトレーニングは

 

神戸校育成クラス。

 

 

 

今回の神戸校育成クラスは【プルアウェイ】をテーマにトレーニングを行いました⚽️🏃‍♂️

味方とボールを見ながら、相手と距離をとってボールを受けるテクニックの一つです!

 

テーマやポイントをしっかり理解しながらうまくボールを受けることができましたね😊👍

 

 

プルアウェイはボールを受けるときにスピードが落ちないように”膨らんで”スペースを作ること、

そしてボールが来た時にはスムーズに前へ持ち出すことがポイントです!

 

みんなトレーニングを良く理解して動けていたので、

全てのトレーニングがスムーズ行え、多くのことを伝えられました👏

 

 

いいトレーニングはオーガナイズを考える頭の中や机上の時点ではなく、

実際にみんなのプレーや終わった後の表情を見て決まります😊✨

 

ペルージャのトレーニングは毎回違ったオーガナイズを作り出していますが、

実際に思ったイメージとは異なることも良くあります💦

 

 

ただ、ここ最近の育成クラスではそれがほとんどなく、

質も量も、FUNの要素も全てが理想的に育成できているなと感じています👏

 

技術面もそうですが、みんなの頭や心がしっかりと成長できているからこそ、

全てのトレーニングに充実感が出てきているのだと思います😌👍

 

 

 

インフルエンザで学級閉鎖が出ているところも多いようですので、

この時期の体調管理は特に徹底するようにして下さいね🙏

(来週は祝日のためスクールはお休みとなります🙇‍♂️)

 

 

 

 

 

ユウセイ:7.5

(ボールの運び方がとても上手く行えていました)

エイジ:7.5

(瞬時に身体の向きを修正できていましたね)

マサト:7.5

(プルアウェイの動きが正確にできていました)

ユウタ:-

ヒロト:7.5

(ポジショニングやボールの受け方を意識できていました)

シュウセイ:7.5

(味方やボールを見ながら上手く動き出せていました)

マサヨシ:7.0

(相手のいないポジションでボールを受けられました)

リョウマ:-

 

 

 

 

Today’s MVP

KEIGO SANO :8.0

 

プルアウェイの動きをスムーズに行いながら、

ボールをうまくゴール方向へ流すことができていました👏✨

 

ケイゴは技術面も判断も、そして毎回それを楽しみながら身に付けられていることがとても素晴らしいです😊👍

 

 

 

 

 

 

 

2月よりジュニアユースチームのテスト活動をスタートしました🔴⚪️

毎週2回のトレーニング(4月〜は3回)に加え、

トレーニングマッチ、個人レッスン、ジムでのトレーニング、スポーツ心理学や脳科学・栄養学の講義、個人面談など

ペルージャジャパンU15が目指す、「心技体全てを世界基準で」実現するための活動をご体験頂けます!

 

また、それに伴い、ジュニアユースチームのプログラムである

「スポーツ科学・心理学・理学療法・栄養学・メンタルケア」等のオンライン講義がスタート🧠👀🖥

今ならスクール生(小学生)も無料で受講できます📝✨

・プロ選手になるために必要なことは?

・身体づくりに必要な食事や栄養は?

・スタメンに選ばれなかったとき。

・セレクションに合格するためには。

・進路はどうすればいいか。

、、、

様々な面からプロフェッショナルの講師たちによる一流の選手、人間性を目指すサポートを行います!

選手はもちろん、保護者の方にも是非参考にして頂きたい内容になっております🤲

 

これから先高いレベルでサッカーを続けていく上で、技術だけでは必ずどこかで頭打ちになるときがきます。

今のうちからサッカーについての正しい知識や教養を学びながらサッカーと向き合うようにしてほしいと思います💪✨

 

 

スクール生・一般生は問いませんので、

ジュニアユースチームへの入団希望者&ご検討中の方は是非ご参加下さい!

 

↓↓↓

詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

ペルージャジャパン 田畑コーチ

瞬間で加速する

意図的な育成

関連記事

  1. 何を一生懸命に頑張るのかを明確に

    2020.01.20
  2. 少し角度が良くなるだけで

    2020.02.04
  3. 辛かった時期を跳ね返す

    2020.06.26
  4. 知識も高いレベルで

    2022.01.24
  5. 無意識になるまで意識する

    2022.07.28
  6. 大きく強い土台に変わる

    2024.03.01

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP